エホバと猿についての我が家のお話

寒すぎて不機嫌です。😒

 

この前、クイズ番組でガラパゴス諸島が出てきました。親子でなんとも言えない会話をしました。

 

TV : 答えがガラパゴス諸島の映像

わたし :  父  ガラパゴス諸島

TV  :  答えは、ガラパゴス諸島でした!

母 :  え〜パパよくわかったね!

わたし :  先に答えたのわたしだよ!

母 :  あ、そうだった?😊ママ全然わかんなかった〜

わたし : ガラパゴス諸島って、進化論が生まれたとこだよね。ねえママって今もエホバが灰をふってやって人間を作ったって思ってるんでしょ〜(母は昔キリスト教を勉強していた。特に信心深くないがなぜかこのことは信じている)

母  :  そうだよ、エホバが灰を人間の形にして鼻に息をふって吹き込んだんだよ😊

わたし : ねえパパ、ママエホバがふってやったって言ってるいいの〜??(なんとなく父がどう思ってるのか気になった)

父: 別にいいんじゃない〜😗

わたし  :  ふ〜ん

母 :  だって、猿が人間になった方が信じられない!!

父 : ママ、猿が人間になったと思ってるの⁈人間はもともと猿じゃないよ!

わたし 母 : …??

母 : 違うの…??

父 : 人間の祖先と猿は別物だよ!人間の祖先はもう絶滅してるよ

わたし  :  (そうか…!

わたし :  だって、人間の祖先はアウストラロピテクスだもん。アウストラロピテクスは猿とは別だもんね。(さも元から気づいていたかのように)

 

なんだか当たり前のようでそういえば、そっか。なんて思ったのでした。

そして、父のことをやっぱなんか頭いいんだよな〜なんて思ったのでした。