座間市の事件について考えてみた。

わたしの周りのある人が最近のあの事件について考えを書いていた。

真実は横に置いておいて、仮に本当に自殺志願者を助けてあげたくて自殺幇助をしていたのだとしたら、それは責められるべきものなのだろうか、と言うような趣旨だとわたしは理解して、どうなんだろうな。と思って。

 

わたしは、自殺幇助は、一見その人を解放してあげる優しさに見えるけどそうではないと思う。特に今回の例では。(本当に、これが自殺幇助だったとしても)
(わたしは、最近優しさについてよく考えるんです 笑 )
例えば老老介護だとかそんな場面で、家族に対して、お願いだから殺して、と懇願してしまう場合と、全く知らない人がネット上で死にたい、と呟いている場合。同じにできないと思います。

最初の場合は、恐らくその人は物理的に自分で死ぬことができない。だから、家族にどれほど辛い思いをさせるかもわかった上でそう言っている。
今回の場合はどうか。今の時代、簡単にSNSにそういうことを書き込む人って数知れないと思うんです。その内の何人がほんとに具体的に死にたいって思ってるんだろ。(その人が苦しんでるのは本当だとして)その上で、じゃあ手伝ってあげる。て。頼まれてもないのに。

全然優しさじゃない。それって。しかも、死にたいって言う時って冷静な気持ちじゃないはずだから、この人は優しいんだ、わたしを助けてくれるんだ。と思う可能性はあると思うんです。ほんとは死ななくてよかった人が死んでしまう可能性がかなり高まると思います。

実際、もし今回の犯人がいなければ、恐らくですが、今回の被害者たちは苦しみながらもまだご存命でおられた可能性って高いのではないかと思います。

逆に、そんな呟きは無視したり、じゃ死ねば?位のがよほど優しいと思う。まあ、じゃあ死ぬ、てなる可能性も無きにしも非ずですが、自分って本当に具体的に死にたいのかな、て冷静に考えれると思うんです。死にたい、て呟く人って、基本優しい言葉が欲しくてそう書いてると思うんです。なのに、冷たくされたら多分カチンときます。カチンときた時に、冷静になれる可能性がある気がするんです。

 

当たり前ですが、基本的に人は生きているべきなんです。そして、よく分からないけど、本当に死のうと思ったら、体が健康であれば、人って自分で死ねると思います。現に自殺する人は絶えない世の中です。情報ならネットに溢れてるでしょう。それが実際にできなければ、苦しくても生きないといけないんです。そうやって生きてれば、もしかしたら状況が変わるかも知れないんだから。
ついでに言うと、わたしは人に迷惑をかけない自殺であれば、(それが存在するなら)批判されるものではないと思います。ただ、いわゆる自殺には、必ず第1発見者が必要です。電車に飛び込むなんてもってのほか。運転手さんの身になりなさい、と言いたい。誰かが、その人の死を目撃しないといけないんです。それが、そのたまたま目撃してしまった人の人生にどれだけの影響を与えてしまうか。わたしなら恐らく、確実にトラウマです。絶対に自殺した人を許せません。

太宰治の斜陽の、直治の遺書は、とても理解ができます。お母様が生きている間は、お母様が悲しむので死ねなかった。お姉さまに発見させるのも心苦しい。だから、好きでもないダンサアを第1発見者にした。(好きでもない馬鹿なダンサアならトラウマを負わせてもいいのか、て議論は無しにして)

もしほんとに死にたいなら、自分の死に関わってしまうだろう人たちのことも考えて、初めて人は死ぬ権利を獲得すると思います。

 

本当の優しさと、偽りの優しさを見抜けなかったがために、何人もの方達がその人に実際会ってしまい、命を落とされたと考えると居た堪れないですね。