ひでとぱた

今日は、X JAPANのhideこと、松本秀人さんの20回忌です。

わたしにとっては、hideを知ってから初めての5月2日です。

昨日はちゃんと?ヒデの曲を聞きながら日をまたぎましたよ。

いや、泣くよね、そりゃね。

だって悲しいもんね。

 でね、なぜひでじゃなくてひでとぱたかと言うとね。

前も書いたかもだけど、わたしほんとにパタさんって凄いと思うんだ。

パタさんのポジションにパタさん以外の人がいたとしら、まあよほどの人でないと無理だよね。

隣で音を出して、音楽を作っていた人たちが、ふたりもいなくなっちゃったんだよ。

 

タイジのことにしても、今は一緒にやってない、ていうのと、二度と会うことのできないところに行ってしまった、では埋めようのない差がやっぱりあると思うのね。

 

だけと、パタさんは、その人たちのことを語るときに、悲しい!!!というのをあからさまにしない。

むしろヒデのことを語るときとか、結構つっけんどん 笑

 

なんでまたあなたの曲をやらなきゃいけないんですか、て怒りながらやってますけどね、て 笑

 

だけどね、言うことはそんな感じなのに、優しくて、どこか寂しそうな表情にほんとに深い愛情を感じるのね。

 

タイジが脱退するときとか、X JAPANのlast liveではとっても悲しくてやりきれないような顔をしてて、ほんとは見えないところでたくさん辛い思いがあったんだろうなと思う。

 

つっけんどんにでもしてないと寂しすぎてやっていられないのかもしれないね。

 

パタさんの語らないからこそ溢れ出てしまう愛情がとても素敵だな、と思うのです。

 

後、若い頃のパタさんが美人過ぎます。

美人なのに言葉遣いが悪くてバランスが良すぎます 笑

 

 

…はい、今日は晴天、という訳にはいきませんでしたが、春の暖かさが心地よくて、嬉しくなりました。