GWは久しぶりの登山でした。

わたしの周りに山に登る女の子ってあまりいなくて、少し寂しかったりします。

少し興味はある子はいるのだけれど、登ってみたいかな…!くらいに思ってる友達にきつい登山修行をさせるわけにいかないし。

 

登山って、やっぱりとってもとってもきついのだけれど、(GWの荒島岳で久しぶりに思い出した)登った人にしか分からない世界が確実に広がっているんですよね。(山に登る人は大抵そう言うかもしれない。)

ではその世界とは何なのか。

 

山の世界って、当たり前だけれど現実で、それも人が作ったわけではなくてほんとうにすべてが現実なんですね。

ただ、それと同時にものすごく非現実的な世界なんです。

わたしたちが、普段暮らしている世界と違いすぎて、ディズニーさえ勝てないくらい夢の(?)世界なんですね。

 

そうなんです、わたしはディズニーは山に勝てないと思ってるんです 笑

きっとその一つの理由には、わたしは子供の頃ディズニーに行かなかったから思い入れがそれほどないっていうのは大きいと思うのだけど、まあそれは置いておいてなぜディズニーは山に勝てないのか。

 

ディズニーは、もちろん行けば楽しいです。

そこは、ディズニー映画という、おとぎ話の世界を、お客さんが楽しめるようにプロたちが築き上げた世界なんですね。

正に夢の、言い換えれば完全に虚構の世界です。(ディズニーの悪口を言っているわけではないんです)

人間によって作られた、人工の夢の世界なんです。

ディズニー映画が好きだったら、楽しくて当たり前?だと思うんです。

 

では、山はどうか。

そこにそのままある世界なんです。

先人たちが道を切り開いてくれて、整備もしていただいてますが、そこに存在している世界に人間が入れるようにお手伝いしていただいていて、主役はあくまでただそこに存在している自然なんですね。

 

すごくないですか??

人間が人間のために作ったわけでもない、ただ、そこに存在している世界が本当にとてつもなく雄大で、美しくて、生命力に溢れていて神秘的なんです。

その世界は、人間がそこに立ち入ろうと立ち入らなかろうと、ずーーっと、そこにただそのまま存在しているんです。

晴れの日も、雨の日も、雪の日も、雷が落ちても、ただそこに存在しているんです。

山の景色、じゃなくて山の世界なんです。

 

山岳信仰ってあるけど、とても自然なことだと思います。

だって、あんな雄大で神々しい山の姿見ちゃったら、信仰しますもん。

 

まさにその世界で信仰が生まれてしまうほどの世界なんですよ。

 

終わり。