神様のボート

小説のあらすじは紹介しませんが、ネタは思いっきりバラしますので、ご注意を。

 

 あとがき

.

.

.

いままでに私の書いたもののうち、いちばん危険な小説だと思っています。

 

 

と、江國さんはあとがきを締めくくっている。

 

どこがそんなに危険な物語なのか。

それは、最後の最後に会えてしまったところで物語が終わるからだ。

とわたしは思う。

 

結局彼は現れなくて、娘に目を覚まさせられて、これからは現実を歩いていこう、という結末なら。

桃井先生のところにお邪魔したら、帰り際に10年以上前にきみを訪ねて来た、と伝えられたところで物語が終わっていれば。

彼に再開した後、その人を目の前にしたら愛は消えてしまった、という結末なら。(斜陽みたいな)

 

それほど危険な物語ではないだろう。

現実はそうだよね。と言って、読み終えることができるし、人を救うことができるかもしれない。

 

例えばこの物語のように、ダブル不倫をしている人たちがいたとしたら、いくらその彼が甘い言葉を言おうと、結局うまくいかないよね、そうだよね、と思ったり、

例えば、ダブル不倫の末消えた彼を待ち続けている人がいたとしたら、彼女たちはこの物語に支えられて、神様のボートから降りることができるかもしれない。

 もっと言えば、結婚詐欺とかそういう類の人を、目覚めさせることができるかもしれない。

ただ、この物語はそうではない。 

 

彼女は、神様のボートに揺られて、運ばれて、目的地にたどり着いてしまうのだ。

 娘が親離れをして、もうママの世界には住めない、と言われ、目を覚まし始めていた矢先、彼が現れてしまう。

夢は覚めなかった。最後まで。

傍から見たら、どう考えても嘘つきな彼が、約束を果たしてしまうのだ。

これは、とても危険。確かに。

 

ダブル不倫の末に、いつか必ずあなたを探し出す、なんて言って消えてしまう彼は、嘘つきのろくでなしでなくてはならない。

 

相場はそう決まっているはずなのに。

 

 そうはならない物語なのだ。

江國様恐ろしや。