大人になるということ

 

物語には、読むべきタイミングが各個人にあって、わたしたちは知らず知らずのうちに、そのタイミングを感知したり、あるいはその本を手に取っていれば感知できたのに、そうできなかったがゆえに機会を逸することもあると思います。

 

 

わたしは、本屋さんや図書館で本を買ったり借りる時、その本のはじめのページの、1.2行目くらいを読みます。

そこで、その文章がすんなり自分の中に入ってきたら、その本を連れて帰るんです。

ほんとは、読むべきタイミングだったのに、その本を手に取らなかったがゆえに読むことができなかったということは、なるべく避けたくて、本たちを眺めてなんとなく気になる本は、なるべく手に取りたいと思っています。

 

たまに、この作家さんは好きだから、と文章がいまいち馴染まなくても連れて帰ることもあります。

そうすると、ほとんどの場合、やはり読めないんです。

最初のページからなぜか読み進められないんです。

きっと、わたしにとってまだその本を読むべきタイミングが来ていないんです。

そういった本は、数ヶ月放置されます。

そして、何かのタイミングでもう一度その本のページをめくると、読めるようになっているんです。

そして、その本がすごくお気に入りになることもあります。

 

 

人の好みというか、感覚というのか、そういうものって、本人が気づかないところでいつの間にか変わっているんだな、と思います。

 

きっと、大人になるってこともそういうことなのだと思います。

前まで読めなかった本がいつの間にか読めるようになっているような。

 

わたしたちは、気づかないうちにいろいろなものを時間とともに積み重ねて、自分で気づかないうちに大人になるんだなあ、なんて思いました。